Message

Back

二日目 その2

2022/12/2

大変な悪路が始まった。日本の砂利道とは全く違う。泥道を疾走するラリーというのがあるが、あんな感じである。そういうところをごく普通のスズキの車が文字通り疾走している。

インドの乗用車マーケットはスズキが席巻している。どこを見てもスズキである。小型でどこでもスイスイ入ってゆくので便利なのであろう。アンバセダーという純正クラシックカーの容貌の純正インド車が私は好きだったのであるが、ほとんど生き残っていない。20年前はアンバセダー一色だったのが、全部スズキになっている。そこにTATAというインドメーカーのトラックやバスが走っている。このTATAという車はものすごい迫力がある。他の国でこのTATAという車種は見たことがない。国内だけで10億人を抱えるこの国は、輸出しなくてもやっていけるのであろう。さながら自然保護区の動物という感じである。スズキが人だとするとTATAはゾウである。全く別の動物と言って良い。その隙間をチョコマカとオートバイが走り抜ける。三人乗り四人乗りのノーヘルである。違法らしいが、これだけ多いと取り締まりようがないし、取り締まる気配もない。TATAゾウは怖い。アメリカンフットボールのヘルメットのようにフェイスガードが付いている。ぶつかるから覚悟セエヨという威嚇が滲み出てあまりある。その面構えにニュージーランドのマオリ族のようにフェイスペインティングが入っている。インドの道ではこれが大切なのである。追い越し車線がなくて、追い越す時は対向車線に出る。当然反対車線の車が向かってくる。その時、こっちの方が強いぞ、と言っておかないと負けてしまうのである。負けた方は諦めて道を譲る。どうしてもハカで決着がつかない時はそのままアメフトのフォワードのように激突する。そういうシーンを幾度か見た。恐ろしいが、地元の人は気にしない。人も死んでいない。そのバトルの間を縫うように我々の車は疾走する。同行している所員のポルトガル人のルイジはクレイジークレイジーを連発している。なるほどこれはマニ車がダッシュボードに必要なわけだ。御利益にすがらないと生き残れない。

Facebookでシェア
Twitterでシェア